編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

86%の日本企業のCISOが在宅勤務の増加でサイバー攻撃も増加と回答─調査結果から脅威の実態を紐解く

ヴイエムウェア株式会社(Carbon Black) 2021-10-01

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて在宅ワークが拡大するのに伴い、サイバー攻撃の対象領域もまたリビングルームやキッチン、ホームネットワーク、パーソナルデバイスにまで拡大している。また一方で、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の取り組みも急速な発展を遂げている。

そんな未曾有の年であるとも言えるこの2021年に日本企業が直面しているサイバーセキュリティ上の課題や問題を分析すべく、このほどヴイエムウェアでは日本企業のCISOを対象にした調査を実施した。その結果、回答者の76%が直近の12ヶ月で攻撃件数が増加したと回答しており、またサイバー攻撃を受けた回答者のうち実に86%が、在宅勤務の増加により攻撃が増加したと答えているのである。

本資料では、今回の調査結果の全容と、脅威に晒される企業の実態を明らかにしている。今日の日本の状況に対応するためのセキュリティ強化にも大いに役立つことだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]