編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

バランスのとれたセキュリティ対策のため経営者が知っておくべき統計データ

株式会社コネクトワン 2021-04-19

セキュリティ桶の理論とは「セキュリティは一番弱いところから破られる」というである。
これによると企業のセキュリティ対策で最も重要なのは、それが一箇所に偏ることなく、全方位に同じバランスで防御できるようにするということだ。

本ガイドブック「2021年版ゼロトラスト〜対策編」は「企業で発生したセキュリティインシデント(2020年度)上位6項目」を取り上げ、最新の動向や対策手法について解説している。

統計データからまとめられたこれら6項目は、経営者やIT責任者が自社のセキュリティ対策が全方位にバランスよいかを検討するのに役立つだろう。

セキュリティインシデント上位6項目。
1,マルウェア感染
2,端末紛失(モバイル端末)
3,端末紛失(USBメモリ)
4,不正アクセス
5,内部不正
6,誤操作

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]