編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

株式会社スタディスト 2022-04-01

企業の生産性向上においてマニュアルは「正しい手順を浸透させ、ミスや対応のバラつきを無くす」ために必要な存在だ。しかしながら、マニュアルは作成しても活用されず「問い合わせ対応に時間を奪われる」「おのおのが自己流で業務を進めている」「使いたい時に見つからず、結局誰かに聞いている」「フォーマットが統一されておらず見にくいため役に立たない」といった理由で活用されていない企業も多いのではなかろうか。このため活用されないマニュアルばかりが量産され、「自分の仕事に注力できない」「自己流で行いミスすることで無駄な負荷が生じる」といった問題が後を絶たない。このような背景を踏まえて本資料では、活用されるマニュアルを作成するためのポイントを詳しく解説している。問い合わせや指導の負荷を削減するためにも是非ご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]