編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

メルカリの急成長を支えるマルチクラウド環境--煩雑なインフラ運用を効率化できる秘訣

ファストリー株式会社 2021-08-06

日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリ。同アプリは、わずか3分で簡単に出品できるという利便性などが多くのユーザーに支持されてきた。2018年7月時点で累計出品数は10億件を超え、米国や英国でもサービスを展開するなど現在も成長中だ。

グローバル展開を支えるインフラは、さまざまなクラウドサービスを組み合わせたマルチクラウド基盤だ。同社ではマイクロサービス化にも取り組んでいる。その中核機能を担う「Mercari API Gateway」は、ピーク時には1秒当たり約5万6000リクエストを処理可能だ。また、同社が提供するWebアプリケーションでは、高度なエッジコンピューティングを実現している。

一般的に「マルチクラウド環境の運用業務は煩雑になりやすく、多くの負荷やコストを必要」とする。同社は、インフラ運用を効率化させるとともに、高度なセキュリティレベルを維持している。いったいどのような秘訣があるのか。以下の資料では、運用効率化を実現できた具体策を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]