編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

善悪のボットを見極めて対策せよ、Signal Sciencesが提示する可視化とブロック機能

ファストリー株式会社 2022-07-05

Web アプリケーションと API は、企業が保有する価値ある資産を獲得するためのデジタルの入り口になっている。高度な技術を持つ攻撃者は、セキュリティ侵害で入手した大規模なユーザー認証情報データと安価な (あるいは無料の) 自動化ツールセットを組み合わせることで、容易に攻撃できる。Fastlyが提供するSignal Sciencesは、悪質なボットの可視化とブロック機能を提供することで、Webアプリケーションや APIなどの企業のWebプロパティの安全性を確保している。
この資料では、ボット脅威への対応にフォーカスする。プロアクティブなボット対策により、ボットの活動がアプリケーションに影響を与える前にその活動を把握し、ブロックできるようにするための解決策を提示する。悪意のあるボットと善良なボットの分類など、より具体的な方針が示されており、対策を考える上で重要な情報となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]