編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

現場社員の約75%が体感する「意思決定の遅さ」を払拭するための「タテ」「ヨコ」連携

Slack Japan株式会社 2021-06-21

「新しい発想はあるが発言しづらい環境」「ピラミッド階層が深くて話が通らない」など「上意下達」に表現されることの多い日本企業の意思決定プロセス。Slackの調査によると、現場社員の 70.5%が「経営層でどのような意思決定がなされているか不透明」と不満を感じている。その一方で、経営層の54.1%は「社員とコミュニケーションがとりにくい」と感じている。この意識ギャップを埋めることが組織変革につながる。組織の「タテ」と「ヨコ」の連携で意思決定スピードを加速させるヒントとは何か。本資料では、『ここはウォーターフォール市、アジャイル町』(翔泳社)の著者であり、企業の組織改革を支援している沢渡あまね氏が不確実性の増す時代における「アジャイルな組織形成」について解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]