編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

ジーアールソリューションズ株式会社 2021-06-28

「今どき、オフコンのIBM i (旧AS/400)なんて使っていちゃだめですよ。早くオープン化しないと!」デジタルトランスフォーメーション(DX)ブームを背景に、このような文言が巷にあふれている。が、そもそもオープンシステムとは何であり、何が目的となるのか?意思決定者は理解して承認をしているのだろうか? 
DXへの関心が高まるとともに「レガシーシステムを廃棄すべきだ」という誤解が散見される。留意点は、自社のシステムが本当にDXに適合しない「レガシー」なのかである。例えばIBM i は前身となるAS/400の機能を継承しながら、オープンシステムの標準機能を実装している。

一方で、アプリケーションに目を向けると、DX実現に向けて、従来のレガシーでモノリシックなシステムを、「そのまま残す」、「コンポーネント化等刷新する」、「廃棄する」、「足りないので新規作成する」に仕訳し対応しなければならない。また、これらのアプリケーションを維持・近代化する後継者を育成することも重要である。

この資料は、実名企業を含むIBM i ユーザーの実際の課題を5つのポイントに整理し、その解決策をジーアールソリューションズの阿野氏に詳しく話を聞いたものである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]