編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

日本電気株式会社(WebSAM) 2021-07-16

トップダウンによるデジタル変革(DX)が叫ばれる中、専門組織を立ち上げたり、大規模なプロジェクトに乗り出す企業も少なくない。しかし、上層部が期待するほどの効果を上げられていないという。

改革推進役となる担当者が最初につまずくポイントが「現行の課題業務の抽出」だ。現場のヒアリングや業務フロー調査だけでは、全体のボリューム感や実作業の詳細などの把握は難しい。「課題は何となくつかめたが、その影響度が分からない」「色々ありすぎて、どれから手を付けていいのか分からない」と悩むケースが絶えない。

そうした悩みを解決し、DX化を見据えた業務改善や改革を進めるにはどうすればいいのか? 以下の資料では、業務課題の抽出と優先度の設定に欠かせない、課題の根拠となる現場の作業量という「定量的データ」に基づく効果的な業務調査の進め方を、通信業、製造業、自治体の実践事例を踏まえて紹介する。DXに先立つ業務改革推進を担う方はぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]