編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

インターネット分離を短期間・低コストで実現、宮城県女川町が採用したVDIの新たな選択肢

アセンテック株式会社 2021-08-03

宮城県の東、牡鹿半島基部に位置し、東日本大震災により被災した三陸地域に創設された「三陸復興国立公園」地域に指定されている女川町。同町では、2020年から、総務省による情報セキュリティ対策の強化やテレワーク等の新たな時代の要請を踏まえた「三層の対策」の見直しなど、将来へのロードマップを考慮して庁内情報システム再構築に取り組んでいる。その際、庁内LGWANネットワークとインターネット利用端末を分離するインターネット分離を実現するために採用したのが「リモートPCアレイ」だ。物理PCカートリッジと仮想デスクトップに必要なコンポーネントを搭載し、VDIの導入コストを大幅に削減できるこのソリューションにより、セキュアな画面転送とパフォーマンス障害のリスク低減を実現。本資料では、宮城県女川町がインターネット分離の実現に向けて「リモートPCアレイ」を選定した経緯や導入効果を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]