編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

SAP社もリファレンスとして採用、SAP HANA稼働プラットフォームにSUSEを選ぶ7つの理由

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社 2021-08-18

SAP HANAを稼働させるプラットフォームの選択肢はいくつかある。そのなかで、SAP社自身が採用しているLinuxディストリビューションがSUSEだ。SUSEは、SAP HANAやSAP Data HubなどのSAPアプリケーションのリファレンス開発プラットフォームであり、SUSE Linux Enterprise Serverは、SAP HANAとSAP Data Hubのコンテナ化されたインスタンスを提供するためのベースOSである。

このことは、SAPユーザーがSAP環境を稼働させる際にも参考になる事実だ。SUSE は、ダウンタイムのないLinuxカーネルのパッチ適用や自動化された環境設定の管理とモニタリングが可能だ。
また、Kubernetesベースのコンテナ管理ソリューションや、業界をリードするハイパースケーラーが参加するクラウド環境を提供することもできる。

本資料では、SAP HANAにSUSEを選ぶ7つの理由を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]