編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ホワイトペーパー

Kubernetesでエッジコンピューティングを実践~Rancher K3s日本語完全ガイド

SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社 2021-08-18

本番環境でコンテナとKubernetesを基盤として利用している企業にとって、米国Rancher Labsが提供するKubernetes管理プラットフォームである「Rancher」は、最適な選択肢と言えるだろう。なぜならばRancherを使用すれば、データセンターからクラウド、エッジに至るまで、容易にKubernetes-as-a-Serviceを構築できるからである。

そしてこのほど、Rancher Labsでは、IoTやエッジコンピューティング向けに、新たに軽量かつ認定済みのKubernetesディストリビューションであるK3sを開発した。Kubernetesは、製造、輸送、発電、小売、銀行といった業界共通の市場におけるエッジコンピューティングのユースケースに対応するための最先端のソリューションでもあるのだ。

本資料は、Rancher K3s公式ドキュメントより、K3sマニュアルを翻訳した日本語版である。本資料をきっかけに、開発環境での利用のみならず、本番環境においてもK3sを活用したエッジシステムの開発、運用にぜひチャレンジしてみていただきたい。

※Rancher Labsは2020年12月にSUSEと統合し、製品名Rancherは、SUSE Rancherとなっています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]