編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

ECサイト「3秒以内に表示されないと6割が離脱」という現実、有効な改善手段は?

エクスチュア株式会社 2021-10-28

多くのマーケティング担当者は「自社のサイトは毎日細かくチェックしている。コンテンツの更新も頻繁に行っている」と話す。しかし、スマートフォンやPCなどあらゆるデバイス、そしてさまざまな環境から訪問してくるユーザーが、自社のサイトをどれくらいの表示スピードで見ているか、ということについてはどうだろうか。

ECサイトにしろ、企業の情報サイトにしろ、一度でもCXに不満を感じてしまうと、顧客の50%は他社を選択するという結果が出ている。せっかく工夫を凝らした素晴らしいコンテンツを用意しても、「Webサイトの表示スピード」が他社より遅い、ただそれだけの理由で市場での優位性をどんどんなくしていってしまう。

本資料は、「Webサイトの表示速度の遅延」によって発生する、さまざまなビジネスロスを紹介するとともに、表示遅延の原因を解説し、解決策を紹介している。2行のスクリプトをサイト内に追加するだけで表示スピードを大幅改善できるという米YOTTA社が提供するサービス「YOTTAA」は、グローバルでさまざまな成果を上げている。表示遅延も含め、自社サイトの問題を解決し競合他社との差をつけていきたいユーザーにとっては注目すべきサービスと言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]