編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

ダイキン工業のグローバル経営を支える翻訳ツール、年間約4,000万円の効率化を実現できた理由

株式会社みらい翻訳 2022-03-09

グローバル経営を推進する総合空調専業メーカーのダイキン工業は、海外からの売上高が全体の77%を占め、事業を展開する国は160カ国以上に広がっている。同社のあらゆる部門でのメールのやりとり、資料作成などといった日々の活動では、翻訳業務が必要となっていた。そこで同社は2012年からグループで機械翻訳ツールを活用。その後、AI(人工知能)技術の登場による機械翻訳の品質の変化を考慮し、新しい翻訳ツールへの入れ替えを検討することになる。7つの製品・サービスの候補から「翻訳品質」「多言語対応の度合い」「セキュリティ対策」「利便性」などの項目で比較検討を開始。特にファイル翻訳や文字起こし機能を装備する点を評価して選定した。その結果、翻訳業務にかかる時間が最大で10分の1まで短縮し、グループ全体で約4,000万円の労務費の削減を実現した。
以下の資料では、導入経緯や効果などが詳細に語られている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]