編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

セキュリティ人材の不足などSIEMの運用の「困った」を解消

日本マイクロソフト株式会社/日商エレクトロニクス株式会社 2021-12-22

サイバー攻撃の高度化に伴い、脅威の侵入を前提とした対策として、ログを集約して、分析することにより脅威を早期検出する必要性が高まり、SIEMの導入を検討している企業も増えてきている。
しかし、SIEMを運用するには必要なログソースの選定や検出された内容を分析し、有効な対策を実行できる体制が必要だ。これらを実現するためには十分な体制と高度な専門性が求められるため、多くの企業では実際に運用することに課題を抱えている。

そこで日商エレクトロニクスは、セキュリティ製品の導入などの実績を元に、SIEMの代表格ともいえるMicrosoft Sentinelの運用をサポートするサービスを用意した。

本書では、Microsoft Sentinelの特徴や運用サポートサービスについて紹介をする。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]