編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

テレワークで課題になるVPNによるアクセス遅延問題を解消、アクセスコントロールの活用ポイント

HENNGE株式会社 2021-11-25

コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、テレワークを実施した企業は多い。テレワークを行なう場合、自宅などのワークスペースから会社のシステムを安全に使うためにVPNを利用することが一般的だ。しかし、多くの社員がVPN経由でアクセスすると、トラフィックが集中し、レスポンスの低下や遅延といった問題が起こりやすくなる。実際、OfficeアプリケーションやWeb会議ツールなどのパフォーマンスが落ちてしまい、在宅勤務の際に業務効率が落ちてしまったというケースはよく耳にする。なぜこうした問題が起きるのか。どのようにすればセキュリティを確保しながら、スムーズにアプリケーションが利用できるようになるのか。本動画資料では、HENNGE Access Controlなどのソリューションを紹介しながら、VPN問題の解決方法とアクセスコントロール活用のポイントを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]