編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

標的型攻撃にどう備えるべきか、注目集めるセキュリティ意識の向上と運用フローを整備するサービス

HENNGE株式会社 2021-11-25

特定の個人や組織をターゲットに重要情報を窃取しようとする標的型攻撃が大きな脅威になっている。125万件の年金情報が流出するなど、これまでに多くの被害をもたらしてきた標的型攻撃だが、その後も発生件数は右肩上がりで、企業は標的型攻撃に対する対策は必須の状況だ。IPA(情報処理推進機構)では「受信時のメールの取り扱い方法の再確認と報告の習慣化」「インシデント発生に備えた体制の整備と訓練の実施」など4つの備えを提唱している。ただ、実際にこれらを組織内で徹底していくためには、いくつかの課題を解消する必要がある。本動画資料では、標的型攻撃対策のポイントと、HENNGEが提供するセキュリティ意識の向上と運用フローで標的型攻撃から企業を守るサービスを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]