編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

セキュリティ部門の業務効率化に欠かせない「XDR」—10の主要機能と特徴、導入メリットを解説

パロアルトネットワークス株式会社 2022-05-30

クラウドコンピューティング、IoT(モノのインターネット)、デジタルトランスフォーメーション(DX)をはじめとするシステム環境の変化に伴い、企業・組織が保有するデータに対するリスクが高まっている。サイバー攻撃者は、こうしたテクノロジーの普及を利用し、これまで以上に洗練された手口で攻撃の威力と規模を拡大している。
これまでセキュリティ担当者は、新たな脅威が出現するたびに対策ツールの導入やセキュリティ運用、人員の確保に努めてきた。しかし現状は、乱立するツールの多すぎるアラートが、可視性とコントロールを失わせ、結果的にさらなるリスクを招いている。
こうした課題の解決策として、注目を集めているのが「XDR(Extended Detection
and Response)」である。本資料では、脅威の現状や「そもそもXDRとは何か?」という大前提の解説から、一般的なユースケースを交えて、XDRが持つ10の主要機能と特徴を解説する。セキュリティ業務の効率化を図りたい担当者には、ぜひ一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]