編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

クラウドネイティブなデータマネジメントを実現、Amazon Redshift移行で重要な3ステップ

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2022-03-28

データの重要性が高まる中、クラウドを活用したデータマネジメント基盤への移行を進める企業が増えている。ただ、最近の調査によると、85%の企業がデータ主導型になることを目指しているが、成功しているのは37%に過ぎない。エンタープライズ企業においてデータドリブンな経営が難しい理由の1つは、既存のデータウェアハウス、データレイク、レイクハウスのあり方にある。これら基盤をモダナイズし、クラウドネイティブなデータマネジメントを実現することが重要だ。
本資料では、Amazon Redshiftへの移行とクラウドネイティブなデータマネジメントを実現するために、「データ統合」「データ品質」「メタデータマネジメント」の3つのポイントを注目しながら、データマネジメント基盤の「拡張」「移行」「置き換え」という3ステップを実践していくための手法を技術的に解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]