編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

【講演資料】自社工場におけるセキュリティ対策の現状を把握するには?

フォーティネットジャパン合同会社 2022-05-10

本資料は2022年4月15日に開催された、経済産業省「工場セキュリティガイドライン」を活用して工場設備の生産性を向上 SESSION3 フォーティネットジャパン合同会社「自社工場におけるセキュリティ対策の現状を把握するには?」の講演資料となります。

SESSION 2で示したガイドライン適合を具体的に進めるためのプロセスについて説明します。適合を進める上で、最も大きな課題は工場のセキュリティリスク評価です。情報システムと異なり、事業部ごと、ラインごとに多様なリスクがあるため、評価が難しく、結局どこまでセキュリティ対策をやるべきかの判断がつかないというケースを多く目にします。
この課題解決を支援するツールとして、自社工場におけるセキュリティ対策の現状(AsIs)を把握し、あるべき姿(ToBe)を設定し、その差分を埋めるための計画立案の第一歩となるオンライン自己診断について紹介します。

【講演者】
フォーティネットジャパン合同会社
OTビジネス開発部 部長
佐々木 弘志 氏

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]