編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

2022年の税制改正で年末調整はどう変わる? 年末調整の負担を劇的に減らし労務の生産性を向上させる

株式会社エフアンドエム 2022-08-09

2021年の法改正では年末調整が大きく3つの点で変わった。「申告書電子化のための要件緩和」「すべての申告書が押印不要に」「住宅ローン控除の特例の延長」だ。2022年も対応が必要な税制改正がある。ポイントとしては、小規模企業共済等掛金控除の控除証明書の添付が不要になること、住宅ローン控除の適用期限が4年延長されることなどだ。また、2020年の改正で、2023年1月1日以降に適用されるものもある。
本資料では、2021年の税制改正の振り返り、2022年の税制改正で年末調整がどう変わるのか、税制改正により2023年1月1日以降に適用されるものを解説し、年末調整の負担を劇的に減らし労務の生産性を向上させる方法を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]