編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

情シス部門の工数逼迫が企業にもたらす深刻なリスクとは?PC運用業務の改善による解決策

株式会社NTTデータ ウェーブ 2022-09-02

働き方改革やDX推進が至上命題となっているなか、企業の情シス部門の業務負担は増加する一方にある。現在の情シス部門には、従来の運用管理業務に加えて、IT戦略の立案から遂行の役割も大いに期待されているからだ。

しかし、多くの企業において情シス部門のリソースが足りていない状態となっているのが現実だ。そして、情シス部門の社内工数が逼迫することで、セキュリティリスクの増加や会社の生産性低下、情シス担当者の離職といった負のスパイラルよって、企業の事業活動にとって重大なリスクへと繋がってしまうのである。

このような背景を受けて本資料では、前述のようなリスクを回避し、情シス部門がコア業務に集中するために極めて有効となる「PC運用管理業務」のアウトソーシングについて解説している。ハードウェアの調達から導入、運用管理、撤去・廃棄までのPCライフサイクル全体を通したトータルアウトソーシングサービスの概要とその効果について、ぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]