ホワイトペーパー

もはや避けて通れないハイブリッドクラウド、「いかに運用を手放すか」の視点で見た5つのアプローチ

株式会社日立製作所 2023-02-02

ビジネスのデジタル化が進む中で、パブリッククラウドの活用が加速している。ただすべてのシステムをクラウド化することは難しいため、既存のオンプレスと新しいパブリッククラウドを併用するシーンがほとんどだ。そこで問題になるのが運用負担の増大だ。2つの異なる体系をもったプラットフォームを効率化していくことは簡単ではなく、情報システム部門は以前にも増して運用にリソースを割かれるようになっている。そんななか重要になるのが「いかに運用を手放すか」といいう視点だ。例えば、異なるプラットフォームを連携させるのではなく、プラットフォームに存在する壁そのものを取り払うことを検討する。本資料では、もはや避けて通れなくなったハイブリッドクラウド運用において、「いかに運用を手放すか」という視点から見たハイブリッドクラウドの5つ課題を解決するアプローチを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]