ホワイトペーパー

他人事ではない内部脅威の検知事例集

日本マイクロソフト株式会社/株式会社エルテス 2022-10-20

日々、ニュースや誌面を賑やかす「情報漏えい」や「内部不正・内部脅威」の文字。いまやデータは企業にとって生命線と言える重要な財産であると同時に、非常に扱いが難しいリスクとなってしまっている。中でも、情報の持ち出しのような内部不正は、その検知がむずかしく、不正発覚までに平均300日程度かかってしまうと言う調査結果もある。そうした内部に潜む脅威に企業はどのように対応していけばよいのだろうか。本資料では、実際の検知・対応ケースを例に、企業がなすべき対策について紹介。また、内部脅威の持つリスクがどのようなもので、経営にどれだけの負のインパクトをあたえるかについて考察している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]