ホワイトペーパー

Azureでデータガバナンスを運用化するための5つのポイント

日本マイクロソフト株式会社/インフォマティカ・ジャパン株式会社 2022-10-31

多くの企業が、データからの知見を用いたビジネスの強化を模索し、AI/ML、BAといったITへの投資をおこなっている。しかしそれだけの取り組みをおこなっているにも関わらず、その大半の企業では、革新的なビジネス成果を達成できていないと考えている。それはなぜか?そこにある問題とは何なんだろうか?
そのひとつの答えが、「信頼できるデータの提供」ができていないことに起因していると言われている。そして真のデータドリブン経営の実現のためには、常に変化する世界規模/各国・地域規模の規制に準拠した上で、社内のすべての人間が、信頼できる一貫したデータにアクセスし、それを容易に共有してコラボレーションを行えなければならない。その鍵となるのが、企業データのガバナンスだ。データガバナンスにより、適切なセキュリティおよびプライバシー制御を透明性の高い方法で適用して、データ誤用のリスクを抑えながら、データの価値を引き出すことができるようになるのだ。本資料では、いまビジネスの基盤としてさまざまな企業が活用するAzureプラットフォームにおけるインテリジェントなデータガバナンスを運用化する方法を紹介。さらに最新の人工知能(AI)/機械学習(ML)ベースの自動化を活用してMicrosoft Azureの俊敏性、拡張性、柔軟性を獲得する方法について説明する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]