ホワイトペーパー

侵入後の対策が重要、ランサムウェア被害に遭わないために経営層が「今」取り組むべきこと

CyberArk Software株式会社 / エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 2022-12-26

ランサムウェア対策が急務になっている。近年は、従来型の「暗号化されたファイルを人質とした身代金の要求」に加え「窃取した機密情報を公開するという脅し」の二重恐喝など、脅威がより高まっている。ランサムウェア被害に遭うことで企業ブランドを大きく毀損するケースもあり、経営者にとっては大きな経営課題となっている。だが、ランサムウェアの手口は、非常に巧妙化・複雑化しており、すべての侵入を未然に防ぐことは非常に困難だ。そこで重要になるのが、侵入後の対策だ。本資料では、経営者が知っておかなければならないランサムウェア攻撃の基本的な知識と、ランサムウェア侵入後の対策として重要になる「特権制御」「アプリケーション制御」「クレデンシャル保護」を詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]