ホワイトペーパー

コンプラチェック・反社チェックなどに効果的な「法人確認」をDX化。あらゆる企業で重要な取り組みに

株式会社TRUSTDOCK 2024-07-11

企業間取引において、事業者が日常的に実施する業務の1つが「法人確認」です。取引対象である法人が、契約する上で信頼できるかを判断する、デューデリジェンスを実施するなど、コンプライアンスを意識しなくてはならない現代にとって重要な手続きと言えます。しかし、法人確認の業務が「アナログ」な手法で実施されていることによって、業務効率が低い状況が続いていることを課題として挙げる企業が多いという現実があります。
本資料では、法人確認の重要性について解説しながら、その業務をデジタルで変革することによる効果の大きさを解説します。具体的な解決策として、eKYC(本人確認サービス)事業を手掛けるTRUSTDOCKの法人確認サービスを参照し、サービスが提供する3つの価値を説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]