ホワイトペーパー

不正ができない土壌を作ることがポイント!グローバル企業のためのコンプライアンスとクラウドERP活用術

日本オラクル株式会社(NetSuite) 2024-07-01

いま多くのグローバル企業が直面しているのが、海外拠点の情報がタイムリーに本社に提供されないことにより、非効率な業務や意思決定の遅れを招いているという問題である。その大きな理由の1つが、海外支店や工場などの会計データ、顧客データ、販売データ、生産データなどが、各国独自のシステムやExcelなどで管理されている現状にある。
そうした課題の解決に向けて目下注目度が高まっているのがクラウドERPだ。とりわけグローバル展開やスピード、コストを考慮した場合、クラウドERPはもはや不可欠な存在と言っても過言ではないだろう。
本資料では、グローバル企業が頭を悩ませている“9つの課題”にフォーカスし、それぞれの課題ごとにクラウドERPを活用した具体的な解決策について解説している。コンプライアンスと内部統制の視点からも、非常に参考になる内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]