ホワイトペーパー

エッジクラウドを活用してデータドリブンな顧客中心経営を実現できた理由を対談から探る

ファストリー株式会社 2024-06-19

クライアント企業のデータドリブン経営を支え、エンドユーザー1人ひとりをリアルタイムに可視化し、その人に合ったコミュニケーションをあらゆる顧客接点で実現するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE (カルテ)」をする株式会社プレイド。同社がサービスを提供するうえで重要な役割を果たしているのが、CDNやセキュリティをエッジクラウドプラットフォームとして提供するFastlyだ。ユーザー1人ひとりの可視化するためのリアルタイム解析エンジンでは、CDNやセキュリティ機能が欠かせないという。
本資料では、プレイド執行役員CTOの牧野祐己氏とFastly株式会社カントリーマネージャーの今野芳弘氏の対談を通して、プレイドの成長戦略や同社が自社開発するリアルタイム解析エンジンの特徴、それを支えるFastlyのCDNやセキュリティソリューションの効果、プレイドがどのようにデータドリブンな顧客中心経営を実現しているかを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]