ホワイトペーパー

約2万3000台へのEDR/XDR導入を4ヶ月で実現、MDRサービスが短期スタートのカギ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社/イーセットジャパン株式会社 2024-06-03

高度化・巧妙化するサイバー攻撃に対抗するためにエンドポイントで脅威を検知し対処するセキュリティ製品であるEDR/XDRを導入するケースが増えている。しかし、EDR/XDRは自社に適した設計を行い、適切に運用を行うことが難しい。限られたリソースで対応することで運用がまわらなくなるケースも少なくない。そこでポイントになるのがマネージドサービスだ。キヤノンマーケティングジャパンでは、約2万3000台へのEDR/XDR導入を4ヶ月で実現したが、こうした短期スタートを実現したのが監視・運用のアウトソーシングサービスだった。
本資料では、キヤノンマーケティングジャパンがEDR/XDRをどのように短期導入し、運用課題を解消していったのかを事例として詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]