ホワイトペーパー

セキュアWebゲートウェイの刷新手段「SASE」を実装するための第一歩とは?

パロアルトネットワークス株式会社 2023-11-27

現在、多くの企業・組織が従業員など対して、場所に関係なく業務に必要なリソースへの安全なアクセスを一貫して確実に保護しながら提供する必要がある。そのためには、従来型のサイロ化したオンプレミス・アプライアンスに依存したセキュリティ対策では課題が出てきた。その代表例が「セキュアWebゲートウェイ(SWG)」で、あらゆる組織のセキュリティ戦略で重要な役割を果たしつつも、現代の要求を満たせるものではなくなった。
そこで注目されているのが、これまでサイロ化していたセキュリティ機能の一貫した分散適用と一元管理を目指した「セキュア・アクセス・サービス・エッジ(SASE)」技術だ。ただ、その実装には、ネットワークとセキュリティインフラのアーキテクチャを大幅に見直す必要がある。
実際、Webセキュリティとセキュア・アクセスに対する従来のアプローチには多くの課題がある。そうした課題を解決するにはどうすればいいのか。
この資料では、セキュアWebゲートウェイの刷新手段となるSASEの重要性を解説するとともに、SASEを実装する第一歩としての具体的な取り組みを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]