ホワイトペーパー

人事採用のプロが語る「こんな面接官はNG」、面接の非常識10選と正しい質問の仕方

株式会社ビズリーチ 2024-03-22

業界・業種を問わず慢性的な人材不足が指摘される中、人事採用プロセスにおいて非常に重要な要素の1つが「面接官による採用面接」だ。面接官は様々な観点で複数の候補者とコミュニケーションを取り、候補者のスキルや経験、人柄などを相対的に見極める必要がある。ただ、面接官からの質問は、時として候補者に悪い印象を与えたり、候補者の見極めに悪影響を与えたりする可能性があるのも事実だ。実際、採用面接以外にもワークサンプルの実施や適性検査などの選考方法があり、これらが仕事内容によってはスキルを見極め、妥当性の観点で面接を上回るという調査結果も存在する。また、厚生労働省の「公正な採用選考の基本」によると、応募者の適性や能力とは関係ない事柄を質問しないことが基本的な考え方として記載されている。
本資料では、様々な人事領域の業務を歴任してきた専門家が挙げる「面接の非常識」の10項目を紹介する。自組織の採用面接は本当に適切なのか、面接官が面接現場でどのように候補者とコミュニケーションを取るべきかを分かりやすく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]