ホワイトペーパー

マンガで解説、「野良クラウド」を受け入れながらセキュリティも確保する新たな選択肢

Netskope Japan株式会社 2024-05-30

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進の動きを実現する手段として、クラウドシフトが進んでいる。電子メール、ファイル転送をはじめ、最近は生成AIを活用するためのクラウド利用が増えている。だが、一部の企業はこうしたクラウドサービスの利用を、セキュリティ懸念を理由に認めていない。
本資料では、そうした「野良クラウド」利用の推進派である企画部門と、反対派であるIT部門の対立構造をマンガによるストーリーで解説する。その上で、Netskopeがセキュリティ・サービス・エッジ(SSE)という解決策を紹介。機密データの保護や認可外クラウドの管理により、クラウド利用を禁じるのではなく後押ししながら情報も社員も守れることを分かりやすく示している。クラウド利用とセキュリティの狭間にいるIT部門の担当者にとって、役に立つ内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]