事業継続の確保に向けて、限られた予算と時間でできることとは?--CA ARCserve Replicationによる災害復旧対策

ZDNet Japan Ad Special 2008年12月17日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不況の長期化が予想されている昨今、IT投資はますます抑制される一方ですが、事業継続のためのITのミッションは拡大し続けています。なかでも災害復旧などのリカバリマネジメントは、特に業務にクリティカルな分野。限られたリソースのなかで、効果的な対策を実施できるソリューションとは何でしょうか。ここでは日本CA株式会社の「CA ARCserve Replication」を紹介します。

機能の詳細はホワイトペーパーをご覧下さい。
機能の詳細はホワイトペーパーをご覧下さい。

有限な予算と時間の中で取り組むべき災害復旧対策とは

 地震など社会インフラにも大打撃を与える災害と常に隣り合わせの日本。多くの経営者がこの事実を理解しているにも関わらず、なぜ具体的な対策が進まないのでしょうか。非常事態を想定し、対策の必要性を直視することは、日常業務の中では忘れられがちです。このような場合には、現場をよく理解するIT管理者からのボトムアップの提案が必要でしょう。あるいは経営者が事業継続性のためのソリューション導入を意識しても、IT管理者にその実施のためのリソースが不足している場合も考えられます。「やらなければならない。しかし時間も予算も限られているのに、どうやって?」という声に応えるには、どのようなソリューションが必要なのでしょうか。

 いかに簡単、迅速、低コストに災害復旧のソリューションを導入するか。ポイントは3つ考えられます。まず既存システムの変更が不要なこと。災害対策目的だけで、システムを再構築する暇などありませんので、「後付けで済む」ことが重要です。次に業務継続性の確保。効率化によってRTO(目標復旧時間)などのニーズに応えること、作業ミスによる二次災害の予防ができることが必須です。第3のポイントは運用が簡単であること。データ転送作業やレポート作成などでリソースを空費するわけにはいきません。もちろん災害を想定した復旧訓練を簡単に実施できることも重要です。

 このように、災害復旧ソリューションに求められるのは、導入や運用の簡単さを、高いレベルで満たしていることだとわかります。そしてこれらの要件を満たしているのが、「CA ARCserve Replication」なのです。

簡単導入と作業の自動化を実現する「CA ARCserve Replication」

 機能の詳細はこちらのホワイトペーパーに記載しますが、ここでは先述の3つのポイントに対し、いかにCA ARCserve Replicationが有効であるかを紹介します。CA ARCserve Replicationはその名の通り「レプリケーション(複製)」を実現するソフトウェア製品です。レプリカサーバを用意し、本製品を本番運用サーバとレプリカサーバにインストール、設定と同期を行えばレプリケーションが始まるという導入の簡単さが特長。既存システムの稼働中に導入できるなど、迅速な対策実施が実現します。

 業務継続性の面では「リアルタム レプリケーション」によって障害発生直前の状態への復旧が可能。データ変更のたびに「リワインド(巻き戻し)ポイント」を記録するので、常に正常なデータを確保できます。この機能はCA ARCserve Replication独自の機能です。障害発生時にはただちにレプリカサーバへのスイッチオーバーが可能なので、本番環境の迅速復旧が実現します。

 そしてなにより管理者にとって嬉しいのが、レポート作成などの自動化やGUIによるわかりやすい管理。本番システムの稼働中でも復旧訓練ができるため、テスト実施などの負担が大幅に軽減。つまりIT管理者は本来取り組むべき業務に専念でき、余分な業務負担を最小限にできるのです。

 CA ARCserve Replicationは、システムの即時復旧を支援しています。ぜひこちらのホワイトペーパーとあわせて、リカバリマネジメントの効率的な実現を達成していただければと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]