メールシステムは“運用”から“統制”へ スパム対策からメール保存まで、メール運用を一任できる「Mail Luck!」

ZDNet Japan Ad Special 2008年05月28日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報システム部へのメールに関わる課題は増加し続けています。そこでオススメなのが、メール管理をプロに依頼することです。NTTPCコミュニケーションズのメールホスティングサービス「Mail Luck!」なら、既存システムの構成変更は不要なので、手軽かつ迅速に導入できます。

いつまでメールサーバの“お世話”をし続けますか?メール環境の保護は専門ホスティングサービスがオススメ

メールシステムは“運用”から“統制”へ スパム対策からメール保存まで、メール運用を一任できる「Mail Luck!」
機能の詳細はホワイトペーパーをご覧下さい。

 もはやメールなしにはあらゆる業務が成り立たない現在、情報システム部にとってメールサーバの管理と運用がどれほど重要であるかは、自明の理でしょう。とはいえ、メールを日常的に利用する一般の従業員(エンドユーザー)は、ITへの意識やPC操作の熟練度がバラバラ。貴重な業務時間をスパム処理に割いていたり、機密情報を誤送信したりなど、メールにかかわる課題は増加し続けています。

 一方、情報システム部はメールサーバの運用や保守といった業務への対応にも追われるばかり。経営層からはコスト削減の命令がひっきりなしに来るなど、現場への重圧はかつてないほどに高まっていると言えるでしょう。

 これらをまとめて解決する手段として注目されているのが、メールホスティングサービスの「Mail Luck!」です。このサービスを提供しているNTTPCコミュニケーションズがこれまでに運用してきたメールアカウント数は日本最大級。つまり、メールサーバ管理の煩雑さや大変さをメール管理のプロに依頼すること、これが最善の選択肢という訳です。また既存のメール環境をそのまま利用できるので、手軽かつ迅速に導入できます。

 サービスの詳細は下記からダウンロードできるホワイトペーパーをご覧いただきたいですが、そもそも日常業務を下支えするメール運用は管理者のリソースを消費するだけのもの。情報システム部にはIT統制の実現、セキュリティ強化など、取り組まなくてはならない発展的な業務が山積しています。運用から統制へ。Mail Luck! が提供するのは単なるホスティングではなく、経営課題解決の手助けとなる多機能で安定したサービスなのです。

 Mail Luck! はスパムエンジンに世界最高水準を誇る「Symantec Brightmail AntiSpam」を採用。スパムメールを的確に隔離するのはもちろん、確認や復旧作業も簡単なので、管理者の負担にはなりません。もちろんウィルス対策も標準で装備しています。昨今注目されているアーカイブ機能やフィルタリング機能の詳細は下記ホワイトペーパーをご参照ください。

手間をかけずに内部統制!高速検索が可能なアーカイブ化でメール監査に対応

 システム管理者の頭を悩ます課題に、メールの保存があります。メールは今では立派な法的証拠。企業にはメールの管理の徹底が求められています。

 とはいえ膨大な量のメールを単に保存しただけでは、監査時や裁判時に迅速な対応ができず、法廷では「不熱心訴訟」として遅延した企業側に不利な判定が下される恐れがあります。Mail Luck! ならばこの点も安心。送受信されたメールはすべて別領域で複製保存され、インデックス化による最適化されるので、ストレスなく検索可能です。

 機能の詳細はホワイトペーパーに譲りますが、便利な機能を標準装備するMail Luck! ならば、日本版SOX法対策も低コストで実現できるのです。メールのアーカイブ化における高い正確性は、日本の企業環境を熟知しているNTTPCだからこそ。10年以上の実績に裏付けられた、ハイクオリティなサービスです。

エンドユーザーの使い勝手を阻害せずにルール違反をシステム側で自動検出

 メール統制と聞くと、エンドユーザーに不便を強いるものという勘違いが多いのも事実。そこで、MailLuck! では、メール監査機能を導入当初は、現状把握をするためのモニタリングとして利用することを薦めている。

 メールの宛先数を制限したり、送信禁止キーワードを設定したりフリーメールの送信を制御したり……。企業のポリシーにより細かく監査ルールを設定できる。またルール違反を発見した場合にメールサーバ側でどのように自動処理するのかといった項目も決められます。

 このような極めて高い柔軟性と高いセキュリティを実現しているMail Luck! のセキュアタイプゲートウェイ型ならば、現在のメールサーバやグループウェアの設定環境を変えることなくセキュアなメール環境を構築できます。事例や具体的な低コスト性を、下記ホワイトペーパーでぜひお確かめください。

Mail Luck!

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]