編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

初期設定費0円!スピード導入と低コストが魅力!インターネットVPN構築なら、InfoSphere「ダイナミックVPN」

ZDNet Japan Ad Special

2008-05-28 10:00

NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)の「InfoSphere」は、同社がISDNサービスを開始した約15年前から続いているブランドです。技術的蓄積に裏付けされたInfoSphereブランドの歴史の長さは、このブランドに対するユーザー評価の高さを表していると言えるでしょう。

VPNを選ぶならコストパフォーマンスの良いダイナミックVPNが有力候補

初期設定費0円!スピード導入と低コストが魅力!インターネットVPN構築なら、InfoSphere「ダイナミックVPN」
機能の詳細はホワイトペーパーをご覧下さい。

 NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)の「InfoSphere」は、約15年前から続いているNTTグループ最古にして最大のISPブランドです。技術的蓄積に裏付けされたInfoSphereブランドの歴史の長さは、このブランドに対するユーザー評価の高さを表していると言えるでしょう。

 InfoSphereによるダイナミックVPN利用のポイントと、低コストでの導入の実現についての詳細は下記のホワイトペーパーをご覧ください。ここでは同製品の特長をかいつまんで紹介します。ホワイトペーパーと合わせて読むことで、InfoSphereが提供するダイナミックVPNの有効性と利便性が簡単に理解できると思います。

 さて、本サービスの最大の特長である、導入コストの低さと導入までの早さについて触れる前に、そもそもダイナミックVPNとは何であるかはごぞんじでしょうか。拠点間を繋ぐネットワークとして多くの企業に採用されているインターネットVPNは、コストの安さという強いメリットを持つ一方、設置・設定の難易度や、セキュリティへの不安といったネガティブな側面もありました。

 そうした従来のVPNの弱点を克服し、設定の容易さ、使いやすさを実現させたのがダイナミックVPNなのです。ダイナミック化とはその言葉の通り、拠点間通信をする際のIP-Secトンネルを動的に造り上げることを指し、フルメッシュ型(拠点間を相互に接続する網目状のネットワーク)構成のVPN構築も実現可能となります。これにより、メインとなるセンター拠点のトラフィック負荷を軽減できるなど、さらなるメリットも生まれるのです。

最短10営業日のスピード導入と低コストを実現するシスコのルータとNTTPCの独自機能

 InfoSphereサービスでは、NTTPCの独自機能である「アクティブスタートアップ」とシステコシステムズのルータ「Cisco 1812J」を組み合わせ、高いパフォーマンスと、自由度の高いVPN構成を実現可能にしています。

 上記のアクティブスタートアップ機能は、ユーザーがルータを回線へ接続するだけで設定が自動で完了するという優れもの。複雑な設定が不要なため、IT管理者がわざわざ地方の拠点へ訪問する必要もありません。

 そのため、ルータ本体が宅配便で届いたら、拠点のスタッフが自ら梱包を解いてケーブルを接続し、電源を入れるだけで作業は完了するというほどの簡単さです。これは設置スタッフの出張費不要と、導入の迅速化というふたつのメリットをユーザー企業にもたらします。

 コインの裏表のように一体なこれらのメリットによって、最短10営業日という短期での導入完了が実現します。実際に、最少2拠点から、これまでの最多導入では約130拠点以上での導入実績があることからも、企業規模を問わず多くの企業で採用されているそうです。なお、IPフィルタリングを利用できるので、通信のセキュリティ面も安心です。

安心のサポート体制はなんと無料!

 InfoSphereの特長のうち、導入検討の際にもっとも多くのユーザーが驚くのが「保守無料」のサポート体制です。具体的なサポート対象はホワイトペーパーに記載されていますが、次のようなものが挙げられます。

 24時間、365日の故障受付窓口開設。NTTPCのエンジニアが電話対応。これが、申込書1枚で、無料で受けられます。

 設定の変更。導入後の設定変更もNTTPCのエンジニアがリモートで対応。しかもその料金はわずか2100円(消費税込)。このため拠点の増減や、移転といった場合でも、わずかな出費で調整が完了します。

 きわめて高いコストメリット、そしてNTTPCの技術力が支えるサービス。セキュリティ性も向上し、コストの低い社内ネットワークとして、かつてないほど使いやすくなったインターネットVPNを、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。詳細については下記ページでダウンロードできるホワイトペーパーをぜひ参照してください。

InfoSphere アクティブスタートアップ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]