BPMN1.0のモデリングに対応したUMLモデリングツール「Enterprise Architect」バージョン6.1発売開始のお知らせ

スパークスシステムズ ジャパン株式会社 2006年02月02日

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県川崎市:代表取締役 河野 岳史以下:弊社)は、BPMNのモデリングにも対応するUML2.0対応モデリングツール「Enterprise Architect」バージョン6.1を本日より発売開始いたします。

○最新版開発の背景と概要

昨今、業務フローの可視化による業務の分析と効率化などを目的としたビジネスモデリングが広く行われるようになりました。このビジネスモデリングの表記方法としてBPMN(Business Process Modeling Notation)が広まりつつあります。

しかし、現時点では、BPMNを利用して効率的なモデリングを行うためのツールは高価であるか、あるいは単に絵として表現するだけのツールがほとんどです。こうした状況の中、UML2.0対応のUMLモデリングツールEnterprise ArchitectがBPMNにも対応することにより、BPMNを利用したビジネスモデリングへの敷居を下げることを目指します。

また、モデリングを快適にするための「クイックリンク」機能を新規に搭載し、より効率的なUMLやBPMNのモデリングを可能にしました。クイックリンク機能を利用すると、UML2.0に準拠したUML図をマウス操作で簡単に素早く作成することができるようになります。


○Enterprise Architect製品概要

本製品は、世界各国では2006年1月末現在で約75,000ライセンスが利用されています。日本では2003年4月1日の発売開始から2006年1月末日までの累計販売数は約12,000ライセンスであり、個人ユーザーや少人数での企業内開発から大企業における開発まで幅広く利用されています。

価格は、機能を抑えたデスクトップ版は17,325円、プロフェッショナル版は25,725円、大規模開発に対応したコーポレート版は30,975円(いずれも消費税込・1ライセンス)となっております。複数ライセンスの同時購入によりさらに割安にご購入いただける場合がございます。現在古いバージョンをご利用の方は、サポート(保守)期間中であれば無償で最新版を利用し、BPMNを利用したモデリングを行うことができます。

本製品はWindows2000/XPに対応しております。CrossOver Officeを利用することで、Linuxでも動作します。


○製品の主な機能

本製品の主な特長および機能は以下のとおりです。

・UML 2.0に準拠したすべての図が描画可能
・C++, Java, C#, VisualBasic, VisualBasic.NET, Delphi, PHP, Python, ActionScript
CORBA IDLのコード生成と読み込み(リバースエンジニアリング)
・JARファイルおよび.NETアセンブリの読み込み
・既存のソースコードからシーケンス図の生成(Javaおよび.NET)
・HTML形式およびRTF形式でのドキュメントの生成
・UMLモデルをXMI 1.0, 1.1 および 1.2 形式で出力
・既存のデータベース構造の読込
・データベース設計し、結果をDDLとして生成
・MOF1.3/1.4形式のメタモデルのモデリング機能
・モデル情報の変更履歴管理・差分表示
・図や要素単位でのアクセス権の設定
・モデル情報をデータベースサーバに格納
・XMLスキーマおよびWSDLの生成と読込
・既存のUMLモデルの評価
・ソースコードのビルド・デバッグ・テスト
・ER図形式の表示(IDEF1X・IE)
・ユーザーインターフェースの画面設計
・プロジェクトに関連するテスト・問題・変更点・用語・作業・進捗の管理
・タブ形式で複数の図を切り替えながら作業可能
・設計開発を効率化する掲示板機能
・高速に動作し、直感的な操作


さらに、VisualStudio.NETやEclipseと連携させるアドインである「MDG Link」や要求管理ツール「RaQuest」・資産の再利用を目的としたコンポーネント管理ツール「ARCStorage」とEnterprise Architectを組み合わせることで、ソフトウェアの設計開発全般にわたって効率よく作業を進めることができます。

今までと同様に、機能評価版も用意いたします。興味のある方は評価版をご利用ください。




------お問い合わせ先------

スパークスシステムズ ジャパン株式会社
(リンク »)

2003年5月設立。UMLモデリングツール「Enterprise Architect」および要求管理ツール「RaQuest」・コンポーネント管理ツール「ARCStorage」の販売及びサポートを行う。
設立当初より一貫して開発者のためのツールベンダーであることを自負し「現場で闘う人」のためのツール提供を行っている。
Enterprise Architect日本語版は2006年1月末までの累計で約12,000ライセンスを販売している。

[お問い合わせ窓口]
広報担当 河野(コウノ)
神奈川県川崎市中原区中丸子571 渡辺ビル2階
TEL :044-431-1031
E-mail:info@sparxsystems.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

BPMNを利用したモデリング

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スパークスシステムズ ジャパン株式会社の関連情報

スパークスシステムズ ジャパン株式会社

スパークスシステムズ ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!