組込み機器向け機能を強化した「Enterprise Architect」バージョン7 発売開始のお知らせ

スパークスシステムズ ジャパン株式会社 2007年07月11日

スパークスシステムズジャパン株式会社(神奈川県川崎市:代表取締役 河野 岳史)は UML2.1に対応したUMLモデリングツール「Enterprise Architect」(エンタープライズ アーキテクト)の最新版バージョン7を2007年7月11日より発売開始いたします。 「Enterprise Architect」は、全世界で約12万・日本国内で約1万9千ライセン スの販売実績のある、UMLモデリングツールです。低価格ながら多くの機能と 高い拡張性が特徴です。アドインにより、UMLだけでなくBPMNやSysMLなどの表 記にも対応します。

■ 最新版バージョン7について

最新版のバージョン7では、組込み機器での設計開発に多く使われる「状態遷
移表」とUMLで定義される「ステートマシン図」の相互変換に対応しました。
UMLのステートマシン図で作成した内容を、簡単に状態遷移表として表示する
ことができます。また、一方で行った編集結果は、自動的に他方に反映されま
す。

さらに、C言語への対応を強化しました。UMLのクラス図で作成した内容を、
C言語に変換して出力することができます。その際に、クラス間の関係やクラ
スの定義などオブジェクト指向で設計されている内容を、C言語に対応させて
出力します。この生成ルールはカスタマイズすることもできます。

その他、Undo/Redo機能の強化など、操作性の向上も実現しました。特に、タ
イミング図の操作性は大きく向上しました。さらに、UMLモデルの編集内容を
自動的に記録する「監査」の機能など、さまざまな機能が追加・強化されまし
た。

既に製品をご利用中の方でサポート(保守)が有効な方は、無料で最新版を利用
することができます。


■ バージョン7での主な追加・改善内容

・状態遷移表とステートマシン図の相互変換
・オブジェクト指向に対応したC言語のソースコード生成と読み込み
・Undo機能の強化およびRedo機能の追加
・タイミング図の操作性の強化
・ツールボックスの機能強化
・複数言語での開発を支援する「別名」機能の対応範囲の拡大
・ダイアグラムレーン機能の強化
・UMLモデルの編集内容を記録する監査機能
・画面やアイコンのデザインを一新
・シーケンス図自動生成機能の強化
・動作速度の改善


■ Enterprise Architectの概要と主な機能

UMLモデリングツール「Enterprise Architect」は、システムの設計開発など
UMLを利用したモデリングのためのツールです。作成したモデルからRTFやHTML
の形式のドキュメントを生成したり、対応する10種類の言語のソースコードを
生成したりすることができます。

また、システムの設計開発に付随するデータベース構造・XMLスキーマ・WSDL
などについても同様にモデリングを行い、ファイルを生成することもできます。

本製品は、世界各国において2007年6月末で約12万ライセンスの販売実績があ
ります。日本では2003年4月1日の発売開始から2007年6月末までの累計販売数
は約1万9千ライセンスであり、個人ユーザーや少人数での企業内開発から大企
業における開発まで幅広く利用されています。

本製品は、利用できる機能により「デスクトップ版」「プロフェッショナル版」
「コーポレート版」に分かれています。コーポレート版にはフローティングラ
イセンス版もございます。

本製品はダウンロード版とパッケージ版があります。ダウンロード版の価格は
1ライセンスあたり17,325円~44,100円です。パッケージ版はオープン価格で
す。


本製品はWindows 2000・Windows XP・Windows Vistaに対応しています。
今後1年間で日本国内で6,000ライセンスの販売を見込んでいます。



本製品の主な特長および機能は以下のとおりです。

・UML2.1で定義された13種類すべての図が描画可能
・C++, C, Java, C#, Visual Basic, Visual Basic.NET, Delphi, PHP, Python
 ActionScriptのコード生成と読み込み(リバースエンジニアリング)
・JARファイルおよび.NETアセンブリの読み込み
・既存のプログラムおよびソースコードからシーケンス図の生成
・HTML形式およびRTF形式でのドキュメントの生成
・UMLモデルをXMI 1.0, 1.1, 1.2, 2.0, 2.1 形式で出力
・BPMNを利用したビジネスモデリング
・既存のデータベース構造の読み込み
・データベース設計し、結果をDDLとして生成
・モデル情報の変更履歴管理・差分表示
・MDA(PIMからPSMへの変換)
・XMLスキーマおよびWSDLの読み込みとモデリング・生成
・別売りのアドインによるSysMLを利用したモデリング
・別売りのアドインにより、EclipseやVisualStudio2005と連携

なお、無償の機能評価版も用意しています。興味のある方は評価版を
ご利用ください。

製品の概要などを紹介するWebサイトは以下のURLとなります。
(リンク »)


■ 会社概要

スパークスシステムズ ジャパン株式会社
(リンク »)

2003年5月設立。UMLモデリングツール「Enterprise Architect」・要求管理ツ
ール「RaQuest」・ソフトウェア資産の再利用支援ツール「ARCSeeker」の設計
開発・販売およびサポートを行う。Enterprise Architect日本語版は2007年6
月末までの累計で約19,000ライセンスが利用されています。

■ このプレスリリースについてのお問い合わせ

広報担当 河野(コウノ)
TEL :044-431-1031
E-mail:info@sparxsystems.co.jp

■ この製品についてのお客様からのお問い合わせ窓口

製品サポート担当
E-mail:support@sparxsystems.jp

このプレスリリースの付帯情報

バージョン7.0の全体画面

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スパークスシステムズ ジャパン株式会社の関連情報

スパークスシステムズ ジャパン株式会社

スパークスシステムズ ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR