編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

任天堂「Wii」など家庭用ゲーム機向けエンタメサイト「ちょこゲー.TV」を開始

ショックウェーブ エンターテインメント株式会社

From: PR TIMES

2007-07-11 20:00

カジュアル・エンタメサイト「 Shockwave(TM) 」を運営するショックウェーブ
エンターテインメント株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:日高俊児
< (リンク ») >)は、家庭用ゲーム機(任天堂「 Wii 」、
ソニー「 PLAYSTATION 3 」など)での視聴に最適化されたエンターテインメン
トサイト「ちょこゲー.TV 」< (リンク ») >の配信を 6 月 29 日から
開始することを発表しました。
「ちょこゲー.TV 」< (リンク ») >は、Shockwave(TM)が
追求する短時間で気軽に楽しめるエンターテインメント作品を、家庭のTV で
手軽にお楽しみいただけるエンターテインメントサイトです。 インターネット
閲覧機能を備えた家庭用ゲーム機での視聴に最適化されており、ゲーム用
コントローラーでもストレスなく Flash ゲーム&アニメーションがお楽しみ
いただけます。 報道関係者 各位
ショックウェーブ エンターテインメント株式会社
2007年6月29日
任天堂「 Wii 」などでの視聴に最適化された家庭用ゲーム機向けエンタメ
サイト「ちょこゲー.TV」の配信を開始
カジュアル・エンタメサイト「 Shockwave(TM) 」を運営するショックウェーブ
エンターテインメント株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:日高俊児
< (リンク ») >)は、家庭用ゲーム機(任天堂「 Wii 」、
ソニー「 PLAYSTATION 3 」など)での視聴に最適化されたエンターテインメン
トサイト「ちょこゲー.TV 」< (リンク ») >の配信を 6 月 29 日から
開始することを発表しました。
「ちょこゲー.TV 」< (リンク ») >は、Shockwave(TM)が
追求する短時間で気軽に楽しめるエンターテインメント作品を、家庭のTV で
手軽にお楽しみいただけるエンターテインメントサイトです。 インターネット
閲覧機能を備えた家庭用ゲーム機での視聴に最適化されており、ゲーム用
コントローラーでもストレスなく Flash ゲーム&アニメーションがお楽しみ
いただけます。
「ちょこゲー.TV 」< (リンク ») >の特徴
◆次世代家庭用ゲーム機での視聴に最適化
任天堂「 Wii 」やソニー「 PLAYSTATION 3 」等、インターネット閲覧機能を
備えた家庭用ゲーム機での視聴に最適化されています。リビングや台所で
Shockwave(TM)の良質なコンテンツが手軽にお楽しみいただけます。
◆コンテンツリスト ( 6 月 29 日(金) 配信)
ZOO KEEPER
七並べ
うぇぶたま presents : モアイの巣
ふ~せんココア+
バンバン バンピー ラーゴ島の秘密
キューのハテナ
※月1回の更新を予定しております。
<ショックウェーブ エンターテインメント株式会社について>
ショックウェーブ エンターテインメント株式会社は、ゲーム、アニメーション
といった、短時間で気軽に楽しめるエンターテインメントコンテンツで、広告、
EC 、ライセンス、携帯のビジネスを確立しています。同社の運営するサイト
Shockwave〓 は、バラエティー豊かなコンテンツ、 170 万人のメール配信
ユーザーを保有する日本でもトップクラスのエンターテインメントサイトです。
同社に関する情報は  (リンク »)  にてご覧いただけます。
*本リリース中の会社名、製品名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先:
ショックウェーブ エンターテインメント株式会社
担当:上村
TEL:03-5469-3840 FAX:03-5469-3841
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]