ファイル保管サービス「ファイルバンク」を運営するグレテックジャパンが、法人向けファイルバンクASPサービス「Filebank Annex」の提供を開始

株式会社グレテックジャパン 2007年07月18日

From PR TIMES

 大容量のファイル保管・送信などのサービス「ファイルバンク」( (リンク ») )を提供する株式会社GRETECH JAPAN(グレテックジャパン、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:Robert Kim)(ロバート・キム)は、同社の運営する大容量ファイル保管サービス「ファイルバンク」を法人様向けにASPサービスとしてご提供する、「Filebank Annex」(ファイルバンク アネックス)の開始を発表いたしました。
 本サービスは、従来のファイルバンクが持つ機能であるファイル保管・送信・シェアサービスを各企業様向けに構築し、今後法人様に向けてASPとして提供するものです。今回のファイルバンクASPサービス「Filebank Annex」の開始にあたりまして、グレテックジャパンでは各企業様にあった形式・コストでよりスムーズなファイルコミュニケーションをご提案します。
 
 今日、ファイル保管・シェアのニーズが高まるにつれ、各企業が自社独自ファイル保管を行う上での対応には多大な設備投資・運用面においての多大なコストが発生いたします。ファイルバンクASPサービス「ファイルバンク アネックス」では、弊社グレテックジャパンでサーバー管理・運営を行うため、運営管理にかかるコストが削減されます。
 
 今後企業間を通じたサービスの提供を通して、ファイルバンクをご利用いただくことで各企業様に向けて業務の効率化を目指すとともに、企業内でのファイル保管・シェアがよりスムーズになることを目的といたします。
 ファイルバンクASPサービス「Filebank Annex」の各機能は以下の通りです。
■ファイルバンク機能
・自社のファイルバンク上へアップロード・ダウンロードが可能で、安全な保管と便利な閲覧が可能です。
■シェアフォルダ機能
・登録されたメンバーへのファイルシェア機能として、相互間のファイルを簡単にシェアすることが可能です。
■ゲストフォルダ機能(オプション機能)
・外部とのファイルシェアをする際、指定されたパスワードなどでシェアが可能です。
■ウェブリンク機能(オプション機能)
・それぞれのファイルにURL形式のリンクを発行し、ファイルを公開する機能です。
ファイルバンクASPサービス「Filebank Annex」の詳細な価格(提供形態)につきましては、
下記の弊社ホームページをご覧ください。
(リンク »)
【ファイルバンクについて】
 
ファイルバンク( (リンク ») )は、無料で最大100GBまでのファイルをWEB上で保管・送信・シェアができる大容量のファイル保管サービスです。自宅・勤務先・外出先など、ネット環境さえあればどこでもファイル保管が可能です。無料で最大7日間のファイル保管が可能なフリープラン、有料で保管期間を気にせずご利用いただけるディスクプランがございます。また、ファイルをダウンロードする際にファイルバンクで提供している通常速度(各駅ダウンロード)より約30倍の高速でダウンロードが可能な特急パス・特急定期券がございます。
※ご利用のインターネット接続環境によりましては、特急パスをお使いいただいても十分な速度が出ない可能性がございます。
--------------------------------------------------------------------------
◇この件に関するお問い合せ先
株式会社GRETECH JAPAN 担当:大月
Tel: 03-3226-7700 Fax: 03-3226-7701 EMAIL: sales@filebank.co.jp
〒160-0007 東京都新宿区荒木町23-15 アケボノ大鉄ビル3階

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社グレテックジャパンの関連情報

株式会社グレテックジャパン

株式会社グレテックジャパンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?