企業が自らの動画チャンネルをもつ時代におけるワンテンプレート型動画サイト「TV」のASP提供及び映像制作・活用支援コンサルティングサービスを開始

株式会社ベクトル 2007年09月03日

From PR TIMES

PR事業を手がける株式会社ベクトル(所在地:東京都港区 代表取締役社長:西江肇司)は動画共有サイト「YouTube」のような「ワンテンプレート型のweb動画サイト」をクライアント企業の情報発信活動に導入し、動画を活用したオンデマンドコミュニケーションが展開できるTV」サービス、及び映像制作コンサルティングサービスを開始いたします。
今、WEBの世界は、テキスト中心から動画中心の時代へと変化しています。企業がWEB上で、TV番組のような自社の動画チャンネルを持つ時代が到来しています。ベクトルのTV事業は、もうすぐそこまで来ている“動画時代”にクライアント企業が対応するための、企業向け映像制作・活用支援サービスです。

※「TV」のASP提供は、2007年9月下旬以降を予定しております。

■「TV」サービス 4つの事業ドメイン
1.自社内スタジオ建設
  自社内に簡単なブロードバンドスタジオを導入。CGを活用していくためにブルーバックを用いて収録し、自社で本格的なニュース番組を制作し、情報を発信することが可能です。

2.「TV」のASP提供
  シンプルで分かりやすい「ワンテンプレート型動画サイト」をASPにてご提供。カジュアル且つ低コストにWEBTVを展開することが可能です。

3.映像制作コンサルティング
  自社内ブロードバンドスタジオ導入の際、機材の使い方から映像の撮り方までを、専任のディレクターがコンサルティングします。

4.ハイクオリティな映像制作
  映像制作ファクトリー「vecks(vectorworks)」が、ハイクオリティな映像制作を提供。撮影から編集まで一人で完結できるブロードバンドディレクターを50名保有し、タイトルCGなどもvecksのクリエイターが制作します。


■WEBTVの活用例
・社内報TV or 社内情報共有TV
社長からのメッセージやプロジェクト担当者からのコメント、社員教育コンテンツから開発ストーリーのドラマまで、WEBTVを使うことで社内のコミュニケーションを劇的に変えることが出来ます。今まであまり読まれなかった社内広報誌も、今は動画で展開する時代です。

・業界TV
金融業界であれば、FXに関する最新情報や入門講座を動画配信する「FXTV」。サーフィンなら、波情報やプロサーファーの対談コンテンツを見ることができる「サーファーTV」など、その業界に関係する人であれば誰でも見に行きたくなるような、そういった業界のTVを創ります。

・プロモーションTV
商品の販売促進活動はもちろん、通販への活用、広告宣伝とリンクした商品のプロモーション、店頭でのセールストークマニュアルなど、オンデマンドで消費者に対してダイレクトに情報を届けることが出来ます。

■vecksとは?
ベクトルグループが運営する映像制作ファクトリーです。撮影から編集まで一人で完結できるブロードバンドディレクターを50名保有。ハイクオリティな映像制作が必要な際、また、タイトルCGなどのクリエイティブ制作に関して、カジュアル且つ低コストにご提供いたします。

■株式会社ベクトル 概要
商号 :株式会社ベクトル
所在地 :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
設立 :1993年3月30日
代表取締役 :西江 肇司
資本金 :2億6500万円
事業内容   :マーケティング分野における戦略的PR、口コミに関する
コミュニケーションマーケティング事業、映像制作業務・
その他これらに付加する一切の事業
(リンク »)  


※本リリースをお送りさせて頂いている皆様の個人情報は、株式会社ベクトルの個人情報保護方針に基づいて、厳重に管理させて頂いております。今後、弊社からのニュースリリースの配信を希望されない方は、恐れ入りますが privacy@vectorinc.co.jp までご連絡をお願い致します。

【報道関係お問い合わせ先】
株式会社ベクトル グループ広報  担当:萱沼・水谷・金子
TEL:03-5572-6080/FAX:03-5572-6065
EMAIL: m-kayanuma@vectorinc.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ベクトルの関連情報

株式会社ベクトル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?