外国人旅行者の訪日動機に応える携帯型ショッピングマップ「TOKYO BAZAAR」の発行

ポータル・ジャパン株式会社 2007年12月17日

ポータル・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:村山慶輔)は訪日外国人旅行者のための携帯型ショッピングマップ「TOKYO BAZAAR(東京バザール)」を2007年12月14日(金)に発行いたしました。

「TOKYO BAZAAR」は主に訪日外国人旅行者をターゲットとしたショッピングマップになり、都内にある観光案内所、ホテル、レストラン、契約店舗、そして海外を中心に配布いたします。内容は2006年~2007年にかけてJNTO(国際観光振興機構)がリサーチした外国人旅行者の訪日動機で1位になった「ショッピング」に的を絞り、店舗ごとに取扱商品の写真と店舗情報を掲載しております。また、使用言語は英語になりますが、写真を中心に掲載することで、英語を母国語としない方でも抵抗なく見て頂けるよう配慮しております。対象エリアも外国人旅行者に人気の浅草と原宿にし、「日本ならでは」の商品・おみやげが買えるお店を紹介しています。買い物を楽しみたい、どこへいったらいいお土産が買えるのかといった旅行者の悩みを解決する新媒体です。

<コンテンツ>
・2つの地域(原宿・浅草)にクローズアップし、ショッピングを中心とした店舗の紹介
・「日本ならでは」のものを取り扱っている店舗を掲載
・コンビニやATM、情報センターなど利用者にとって便利な情報の盛り込み
・観光名所案内
・東京都内のJRメトロマップ
・割引やプレゼントなどの特典が受けられるクーポン

また、紙媒体と連動した「TOKYO BAZAAR」専用WEBサイト( (リンク ») )も公開しております。紙だけでなくネット上でも情報を配信することで幅広いプロモーションを展開していきます。インターネットを使った情報収集が主流となっている今、日本に来る前の旅行者に情報提供することがPRの重要なポイントとなります。結果、WEBサイトによる事前の情報提供と紙媒体による日本到着後の情報提供というダブルの効果が期待できます。

<今後の展開>
配布場所を拡充しつつ、「日本ならではの商品を紹介すること」をコンセプトにクローズアップする地域や紹介する店舗のバリエーションを増やしていきます。そして、東京を旅行する外国人旅行者なら誰でも持っているような媒体を目指し、積極的に展開してまいります。

【ポータル・ジャパン株式会社について】
商号:ポータル・ジャパン株式会社
代表取締役:村山慶輔
所在地:〒107-0062東京都港区南青山1-20-2 乃木坂ビジネスコート
設立:2006年3月15日(大安)
事業内容:翻訳事業(英語・中国語・韓国語)
       海外ウェブマーケティング事業
       インバウンド観光プロモーション事業
       インバウンド情報発信ポータルサイト「やまとごころ.jp」(www.yamatogokoro.jp)の運営

自社サイト: (リンク »)
東京バザール: (リンク »)
やまとごころ.jp: (リンク »)

【本件の連絡先】
ポータル・ジャパン株式会社 広報担当 加瀬
TEL 03-5414-3653 FAX 03-54143654
e-mail info@portal-japan.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ポータル・ジャパン株式会社の関連情報

ポータル・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?