トレイダーズ証券 FX(ネットフォレックス) マーケット注文に加え『成行注文』を新たに追加

トレイダーズ証券株式会社 2008年01月24日

From PR TIMES

トレイダーズ証券 FX(ネットフォレックス)
マーケット注文に加え『成行注文』を新たに追加
~『成行注文』なら相場急変時でも注文成立~


 トレイダーズ証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原屋一雄)は、FX取引「ネットフォレックス」において平成20年1月28日(月)より、マーケット注文に加え、『成行注文』の機能を追加いたします。
 『成行注文』とは値段を指定せずに出す売買注文で、他のすべての注文よりも優先的に執行されるため、“今、売買したい”という時に使用する注文方法です。
 マーケット注文は、レート取得後に注文を実行するため、相場急変時などにおいて注文実行時のレートが、取得したレートから変化した場合は注文が成立せず、レートを再取得する必要があります。一方『成行注文』では、注文を実行後、次の配信レートで成立するため、相場急変時においても、レートの変動に関わらず注文を成立させることができます。このように相場急変時でも注文を成立することができますが、相場変動状況によっては直前レートから乖離したレートで注文が成立する場合がありますのでご注意ください。
 トレイダーズ証券では、今後も引続き投資家のニーズにお応えできるようサービスを拡充してまいります。


【「ネットフォレックス」注文方法追加概要】

適用日:2008年1月28日(月)

注文方法:成行注文



【金融先物業者の商号】
トレイダーズ証券株式会社 代表取締役 原屋一雄 〒106‐6029東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 29階 電話03-5114-0333(代表) FAX03-5114-0300

【金融商品取引業登録】
関東財務局長(金商)第123号

【手数料について】
手数料は弊社では取引コストと呼びます。1万通貨単位からお取引いただけます。

※香港ドル/円は10万通貨単位からのお取引となります。

ネット注文時の取引コストは0ポイント(無料)。電話注文時の取引コストは、10万単位以上の場合5ポイント、10万単位未満は10ポイント。

【売値と買値の差について】
通常、弊社が同時に提示する買い付け価格(BID)と売りつけ価格(ASK)には、価格差(以下「B/Aスプレッド」といいます。)があり、当該B/Aスプレッドも、お取引の際のコスト要因となります。B/Aスプレッドは、市場の変動率や流動性などの影響によって変動します。

【証拠金について】
証拠金率は各コースおよび各通貨ペアにより異なります。ハイバレッジコース:全通貨一律1%(ランド円・ペソ円については2%)、スタンダードコース:1%~3%(通貨ペアにより異なりますので事前にご確認ください)、ローレバレッジコース:全通貨一律30%※ 投資未経験のお客様につきましてはローレバレッジコースからスタートしていただきます。(2008年1月現在)

【その他リスクについて】
●為替相場の変動や金利変動などの要因により、損失が生じる恐れがあります。また、発生する損失の額は、預託された資金額を超える場合があります。
●お取引金額は、通常お預け入れされている証拠金よりも大きいため、預託資金額に対して大きな収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性があります。
●弊社の信用状況や、弊社カウンターパーティーの信用状況、信託銀行の信用状況が悪化することによって、預託された資金の全部または一部の返還を受けることができなくなる場合があります。

【加入金融商品取引業協会】
社団法人 金融先物取引業協会/日本証券業協会


【トレイダーズ証券 会社概要】
社名:トレイダーズ証券株式会社
URL: (リンク »)
本社所在地:〒106-6029東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー29F
設立年月日:平成11年11月5日(決算期3月末)
資本金:2,000,000,000円(平成19年4月1日現在)
代表取締役社長:原屋 一雄
事業内容:インターネット及びコールセンターを通じた証券取引事業及び外国為替取引事業
関連会社:トレイダーズホールディングス株式会社、トレイダーズ投資顧問株式会社
金融商品取引業登録:関東財務局長(金商)第123号

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トレイダーズ証券株式会社の関連情報

トレイダーズ証券株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?