住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」 『HOME’S全物件検索』サービス開始!~ HOME’S取扱いの賃貸、売買、マンション、戸建、投資物件からの横断検索が可能 ~

株式会社ネクスト 2008年05月16日

From PR TIMES

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」
『HOME’S全物件検索』サービス開始!
~ HOME’S取扱いの賃貸、売買、マンション、戸建、投資物件からの横断検索が可能 ~



日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、2008年5月16日より「HOME'S( (リンク ») )」にて、物件種別の枠を超えた横断検索が可能となる「HOME’S全物件検索」のサービス提供を開始いたします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
HOME'S
(リンク »)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、2008年5月16日より「HOME'S( (リンク ») )」にて、物件種別の枠を超えた横断検索が可能となる「HOME’S全物件検索」のサービス提供を開始いたします。

【HOME’S全物件検索とは】
「HOME’S全物件検索」とは、HOME’Sが取り扱っている「HOME’S賃貸」「HOME’S不動産売買」等の分野の異なる不動産情報グループサイト群から物件情報を一括で検索・比較できるサービスです。

HOME'Sは、8つの分野の不動産情報グループサイトから成るポータルサイトとして約100万件の物件情報を掲載しております。これまではユーザーが物件を検索する際は「HOME'S賃貸」「HOME'S不動産売買」などの物件種別ごとにセグメントされたサイトから個々に検索を行っておりましたが、「借りてもよいし、買ってもよい」「新築・中古を問わず探したい」といったユーザーのニーズにお応えするため、このたび「HOME'S全物件検索」をリリースいたしました。

本サービスにより、物件検索時のプロセスの大幅な省力化が実現することに加え、HOME’S内の各サイトの物件を一度に検索・比較することが可能となるため、ユーザビリティの向上が図られます。

【HOME’S全物件検索 検索対象サイト】
・HOME’S賃貸 ( (リンク ») )
・HOME’S不動産売買 ( (リンク ») )
・HOME’S新築分譲マンション ( (リンク ») )
・HOME’S新築一戸建て ( (リンク ») )
・HOME’S不動産投資 ( (リンク ») )

【特長】
・賃貸物件と売買物件を比較する場合
賃貸物件の月額家賃と、売買物件のローン組立て時の参考支払い月額を実際の物件情報とあわせて比較検討できます。

・「新築物件と中古物件」、 「マンションと一戸建て」を比較する場合
同じ地域や、同じ間取りなど、希望条件を入力して絞り込むことで、相場感の違いなどを容易に把握することができます。

・希望物件種別が決まっている場合
賃貸物件や新築マンションなど、すでに希望の住まいの種別を決めているユーザーであっても、本サービスを利用することにより、月額家賃程度の支払いで分譲マンションが購入可能である場合や、築浅の一戸建てが予想よりも手ごろな価格で売り出されている場合には、より納得のいく住まい探しの契機とすることができます。


【今後の展望】
「HOME’S全物件検索」はPC版よりサービスを開始いたしますが、今後はモバイル版のリリースも予定しております。

当社では、“人と住まいのベストマッチング”を図ることを目指し、今後もより使いやすく、より便利で、一人ひとりに最適なサービスと機能、コンテンツを充実させ、ユーザー満足度の向上に努めてまいります。

【横断検索 ご利用の手順】  
【1】入力フォーム
HOME’Sトップページ上の「全物件情報」入力フォームにキーワードを入力

【2】検索結果表示イメージ
検索条件に合致した物件情報が表示されます

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!