HiT SoftwareとNetManageが「Allora(アローラ)」と「OnWeb (Web to Host)」を組み合わせて、非構造のレガシー・データをリアルタイム・ビジネス・データへの変換をサポートするパートナーシップを発表

株式会社クライム 2008年06月17日

米国カルフォルニア発(2008年5月17日) ; HiT SoftwareとPC to Host「RUNMA」で有名な NetManageと提携し、共同でレガシー・ユーザに対して非構造化したレガシー・データから簡単に構造化したデータに作成できるソリューション提供のパートナーシップを発表しました。このパートナーシップは全世界的に提供するものです。

このパートナーシップの第一弾として共同でホワイトペーパーを作成しました。このホワイトペーパーはNetManageの「OnWeb (Web to Host)」とHiT Softwareの「Allora」を利用して非構造化したレガシー・データを取り出し、どのようにリレーショナル・データベースからアクセス可能にするかを紹介するのです。さらにユーザがSQLコーディングを不要としてリアルタイムで非構造化したレガシー・データをデータベースに取り込めるかを詳細にデモンストレーションしています。
このホワイトペーパー(英語)のダウンロード先:
(リンク »)
(日本語版は準備中)
Alloraはリアルタイムで、双方向のXML-RDBマッピング(変換)を可能にするJavaミドルウェアです。リレーショナル・データベースにあるデータがXMLファイル、TXTファイルとして格納されます。複雑なSQL、XSLTプログラミングを必要とせずに、リレーショナル・データベースに対して双方向のアクセスを可能にします。

NetManageのソリューションはクリティカルなビジネス・ファンクションをWebサイト、Webサービス、この場合ではXMLデータとして公開することで、レガシー・アプリケーションを新たなWebベースのソリューションに変換します。HiT Softwareの「Allora」はこのXMLファイルを自動かマニュアルで構造化されたリレーショナル・データベース・システムにマッピングするソリューションを提供します。

■NetManageについて:

NetManage, Inc. ( (リンク ») )はレガシー・アプリケーションを新たなWebベースのビジネス・アプリケーションに転送する高速手法を提供するソフトウェア会社です。全世界にFortun500企業を含む1万以上のユーザあり、ミッション・クリティカルなアプリケーションにNetManage製品が使用されています。
NetManage製品は国内ではアイマトリックス株式会社 ( (リンク ») ) から 販売されています。

■ HiT Softwareについて:
「Allora」は米国Hit Software社 ( (リンク ») )が開発したJavaベースのミドルウェアで、クライムが2004年11月に日本国内での販売権を取得し、発売するものです。クライムでは、同じHiT Software社が開発したデータベース・レプリケーション・ツール「DBMoto(デービーモト)」、DB2用アクセス・ツール「SQL Middleware」,
インターネット、イントラネット通信セキュリティ・ツース「SafeConduct(セーフコンダクト)」を2004年11月から発売中です。

■ お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア営業部
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-25-4
日本橋栄ビル4F
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
(リンク »)
Email: soft@climb.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

株式会社クライム

株式会社クライムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!