企業調査結果 ~企業の女性活用の取り組み・考え方~

エン・ジャパン株式会社 2008年06月27日

From PR TIMES

女性活用に取り組んでいる企業は、2004年度の 28%から 34%に!
飛躍的な伸長率の背景~「現在いる女性社員が優秀だから」~



【 TOPICS 】

∴飛躍的な伸長率 女性活用に取り組んでいる企業は、26%から 34%へ

⇒企業側に女性活用への取組みを尋ねたところ、「取り組んでいる」と回答した企業が34%となり、2004年の同調査の結果である 26%を大きく上回りました。ここ数年で、取り組みが進んでいることが伺えます。     


∴女性活用の取り組みで最も多い回答は、「育児サポートの制度」
 
⇒女性活用に取り組んでいると回答した企業に、どのような取り組みをしているか、質問したところ、「育児サポートの制度」が 58%で1位となり、「結婚・出産に対する再雇用制度」が 44%で2位となりました。


∴女性活用に取り組む理由のTOPは、「現在いる女性社員が優秀だから」(42%)

⇒女性活用に取り組む企業が活用に取り組んでいる理由は、「現在いる女性社員が優秀だから」が 42%で最も多く、僅差で「女性の方が優秀な人材を採用できるため」(38%)となりました。この結果から、企業が女性活用の取り組みを行うのは、優秀な人材の流出を防ぐための自然な流れであることが、伺えます。
 
   
∴半数以上の企業が、「女性活用が企業業績を高める」と感じている

⇒女性活用が、企業業績を高めると思うかを聞いたところ、全体の約6割におよぶ 58%が、「女性活用が企業業績を高める」と回答。一方、「企業業績への影響は無い」という回答した企業は、全体の 16%にとどまりました。

∴女性活用時の課題・・・「インフラ」、「職業観の違い」、「転勤」
   
⇒女性活用時の課題を質問したところ、「託児所などのインフラ」(45%)、「男性社員との職業観の違い」(43%)、「既婚者の場合、配偶者の転勤」(41%)の3つに回答が集中しました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エン・ジャパン株式会社の関連情報

エン・ジャパン株式会社

エン・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR