ビズソフト経理ナビ、他2製品で「Service Pack 1」を無償提供

ビズソフト株式会社 2008年07月04日

From PR TIMES

中小規模事業所向け会計・経理ソフトウェア・ベンダーのビズソフト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大島 敦03-5331-3161)は、機能改良・拡張した「ビズソフト経理ナビ 2008 Service Pack 1」「ビズソフト会計 2008 Service Pack 1」「ビズソフト青色申告 2008 Service Pack 1」を2008年7月11日よりWebダウンロードで無償提供致します。
これにより、「ビズソフト経理ナビ 2008」では、OBCの「勘定奉行」とのデータ連携を強化、また、「ビズソフト会計 2008」と「ビズソフト青色申告 2008」では、ビズソフト経理ナビのデータ連携を強化致します。尚、無償提供は新規購入者および基本使用サービス(保守サービス)が有効である既存ユーザーが対象となります。
また、「名刺管理オプション」「キャッシュ・フロー計算書オプション」を発売開始致します。
更に、「ビズソフト経理ナビ 2008」の無償提供対象者に、社内「スケジュール」共有、社内や取引先と「メッセージ」の送受信等、「ビズソフトビジネスツール」の提供も開始致します。


■ビズソフト経理ナビ 2008 Service Pack 1の概要
<主な追加・変更点>
○得意先、仕入先、従業員等のマスターデータのインポート・エクスポートの強化。
○請求書・領収書・見積書印刷項目の一部レイアウト変更機能の追加。
○給与明細書の印刷フォームの追加(給与明細一覧表)。
○取引カレンダーで、現金や預金口座の動きが日付ごとにわかる「資金口座別」表示の追加。
○勘定奉行連動 :勘定奉行用仕訳データ書出への対応。

<名刺管理オプション>新登場!
【別途有償】:月額420円税込~
名刺を「TWAIN対応スキャナ」で画像化、さらにOCR機能で、得意先等のマスター情報として経理ナビに素早く登録することができます。また、既存の名刺画像もインポート可能です。
また、名刺データとして取引先の情報を一覧化、経理ナビの請求書発行時の得意先や仕入先として活用することができ、携帯電話と連携することで、登録された連絡先を携帯電話からいつでも参照可能です。

■ビズソフト会計 2008 Service Pack 1の概要
<主な追加・変更点>
○すべての帳簿画面での、期間レンジセレクタの搭載。
○仕訳/摘要/伝票の各ライブラリ(事例辞書)へのインポート・エクスポート機能の追加。
○伝票画面での伝票印刷への対応。

<キャッシュ・フロー計算書オプション>新登場!
【別途有償】:月額420円税込~
キャッシュ・フローを重視する経営の流れは年々定着しています。ビズソフト会計2008では、中小企業の経営でもキャッシュ・フローを強く意識していただけるように、高機能かつ便利なキャッシュフロー計算書機能(直接法・間接法両対応)を提供します。ビズソフト会計2008のキャッシュ・フロー計算書の特徴は、(1)キャッシュ・フロー計算書項目ごとにその計算過程が画面で簡単に確認できること、(2)本決算以外にも、半期・四半期・月次ごとに調整金額やメモを保存できること、(3)キャッシュ・フロー計算書を試算表画面でも損益計算書等と同列に表示できることなどです。

■ビズソフトビジネスツールの概要
今後ビズソフトでは、ビズソフト製品の基本使用サービス(保守サービス)対象者向けのサービスとして、便利にインターネットを活用できるWebツールを順次、提供していく予定です。
今回、第一弾として、社内スケジュールをWeb上で管理できる「スケジュール管理」とスケジュール管理のメンバーに加え、他のビズソフト製品登録ユーザーとのコミュニケーションを可能にする「メッセージ機能」の2つをご提供します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビズソフト株式会社の関連情報

ビズソフト株式会社

ビズソフト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!