サイネックスとQLife(キューライフ)が業務提携、医療機関のインターネット活用支援を強化

株式会社QLife 2008年05月26日

From PR TIMES

日本最大級の病院検索サイトを運営する株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、株式会社サイネックス(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村田吉優)と業務提携を締結し、医療機関向けサービスを強化することになりました。


<提携の内容>
QLifeは、日本最大級の「患者の声」蓄積や集客力を活かし、医療機関向けに集患支援や患者満足度調査サービスを開始しています。
一方、サイネックスは、医療機関向け広告商材の販売で取引数は約5万件を誇り、特にインターネット商材の販売には積極的な投資を行っております。
両者の提携により、医療機関向けのインターネットサービスを拡大していきます。まず第一弾として、“はじめての「良質な口コミを増やすしくみ」=『Dr.QLife』”をサイネックスが6月下旬から順次販売エリアを拡大しながら、全国規模で販売していきます。

<今後の展開>
さらに今後は、両社の経営資源を持ち寄って、大きな環境変化が起きている医療業界向けのサービスを拡大していきます。
具体的には、QLifeは最先端IT技術、マーケティング・ノウハウ、製薬会社など医療大手企業パイプを提供し、サイネックスは取引医療機関からのニーズ吸い上げ力と販売力を提供し、相乗効果を狙います。

--------------------------------------------------------------
◆株式会社サイネックス
設 立:昭和41年2月25日
資本金:7億5,000万円(2008年3月末現在)
上場取引所:大阪証券取引所 ヘラクレス(証券コード 2376)
代表者:代表取締役社長 村田吉優
所在地:大阪市中央区瓦屋町3丁目6番13号
従業員:649名(2008年3月末現在 連結)
ホームページ: (リンク »)
事業内容:
(1)プリントメディア事業
・全国33都府県の市町村単位で、広告収入により50音別電話帳『テレパル50』を製作し、公共施設や一般家庭などを対象に無償で配布
・官民協働事業として『市民便利帳』等地域行政情報誌の発行
(2)ITメディア事業
・プリントメディア事業における出版物と、ウェブとのメディアミックス戦略において、そのベースとなる地域情報ポータルサイト『CityDO!』の運営
・ヤフー株式会社との販売提携により、『Yahoo!ヘルスケア』、『Yahoo!電話帳』や『Yahoo!クーポン』等のプロパティ系インターネット広告の販売


------------------------------------------------------------------------
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者 :代表取締役 山内善行
設立日 :2006年(平成18年)11月17日
資本金 :104,700,000円
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL : (リンク »)
────────────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife  広報担当 山内善行
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社QLifeの関連情報

株式会社QLife

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!