住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」調査報告 新築マンション購入希望者も過半数が「新たな価値を生むリノベーションに興味」ただし、情報不足と費用感への不安がネック

株式会社ネクスト 2008年08月28日

From PR TIMES

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」調査報告
新築マンション購入希望者も過半数が「新たな価値を生むリノベーションに興味」
ただし、情報不足と費用感への不安がネック
~マンション購入意向者のリノベーションマンションに対する意識調査~


住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、マンション購入の意向を持つ首都圏・京阪神・愛知・福岡在住の25歳以上の男女を対象に、リノベーションマンションに関する認知と意識調査を実施しました。このたび調査結果をまとめましたので、ご報告いたします。


=====================================================================
【HOME’S リサーチ】
“『リノベーションマンション』に対する意識調査”
(リンク »)
=====================================================================

<調査概要>
調査対象:今後最長1年以内にマンション購入の意向を持つ首都圏・京阪神・愛知・福岡在住の25歳以上の男女                                    
                                          
調査手法:インターネット調査                             
                                    
有効回答数:949人 (首都圏385人、京阪神337人、愛知96人、福岡131人)         
                              
調査時期 :2008年06月30日(月) ~ 2008年07月03日(木)

                              
<主な調査結果>
1.「リノベーション」の言葉の認知は84.1%。理解は約半数の43.1%。
                                           
「リノベーション」という言葉自体についてはマンション購入意向者全体の84.1%が認知していました。ただし、「リノベーション」の指す内容についてまで理解している人の割合は全体の43.1%に留まり、認知者の半数程度となっています。一方で「リノベーション」の意味を理解していると回答した層に「リノベーション」の定義について自由回答で答えてもらったところ、「新たな価値を生む」ことにリノベーションの意義を見出している回答が散見されています。                

2.「価格」よりも「オリジナリティ」、「資産価値の向上」がリノベーションの訴求ポイント。新築マンション希望者も過半数がリノベーションに興味

「リノベーション」の定義を理解した上で「リノベーションマンションに期待できると思うこと」について尋ねたところ、マンション購入意向者がリノベーションマンションに対して期待できると思うこと、魅力を感じることは購買時の価格面のメリットよりもむしろ「オリジナリティのある住まいに住むことができる」ことや「物件の資産価値が向上する」ことであることが分かります。定義を理解した上での購買に対する興味・関心を尋ねたところ、マンション購入意向者全体の67.7%が、リノベーションマンションの購入について「興味・関心がある」と回答しています。                                                               

3.リノベーションマンションに対する懸念点は「予算感が掴めない」「どの施工会社が良いか分からない」こと。                                  

「リノベーション」への懸念点として最も多かったものは「予算感が掴めない(58.7%)」ことでした。全体的にリノベーションに対する理解が広まっていないことを反映してか、「リノベーション会社の評判や評価が分からない(55.0%)」、「通常のリフォームよりもかなり高額になりそうな気がする(54.0%)」など、業界知識や相場感を消費者側が持っていないことが「リノベーション」自体への不安や懸念に繋がっているようです。リノベーション物件の供給数を増やし、リノベーションそのものおよび業界への知識を深めていくことで、今後「リノベーション」が住まい購入の有力な選択肢となる可能性が高まりそうです。

-------------------------------------------------------
< 本件に関するお問い合わせ先 >
株式会社ネクスト 管理本部 コーポレートコミュニケーション室
広報担当 塚田 加藤
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963
E-MAIL:press@next-group.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?