広報担当者には重要なお知らせ!CMS導入選定についての記事をPRIR10月号に掲載中

CMSは入れるべき?選び方は?

アンダーワークス株式会社 2008年09月01日

ウェブサイトの管理を簡便にするCMS(コンテンツマネジメントシステム)は現在多 種類が登場している。それだけに、安易に導入すると、課題解決に見合わない、実際 に運用できないなどの問題が起きている。

安易なCMS選びでより運用負荷が増す危険も今、企業ウェブサイトに求められる目的は多岐にわたる。しかし、情報量が増える一方の状況下で、全体の統一感を欠いて企業イメージを損なっているウェブサイトも少なくない。こうした課題の解決策として、CMS(コンテンツ マネジメントシステム)の導入が進んでいる。CMSとは、サイト上のコンテンツを統合的に管理し、運用を効率化するシステムの総称。導入すると、HTML言語を知らなくてもサイト内の情報を更新できるようになる。デザインが均質化することで自社ブランドを高めたり、顧客の購買履歴に基づいたアプローチによる売上向上など、攻めの効果を期待できる。一方守りの効果としては、作業量短縮によるコスト削減や、リスク管理、コンテンツ制作の簡易化などがある。さまざまな効能を期待できるCMSだが、導入するだけで、どんな課題も解決できる『魔法のシステム』と考えるのは間違い。 続きはPRIR10月号にて

このプレスリリースの付帯情報

CMSは入れるべき?選び方は?

用語解説

CMS(コンテンツマネジメントシステム)
Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、デジタルコンテンツの管理を行なうシステムの総称。

CMS導入の目的としては、主に

・ウェブサイトの品質維持/高度化
・システム的制約を活用したガバナンスルールの徹底
・ウェブサイトの運用者/制作者の運用負荷低減
・コンテンツデータの一元管理による戦略的な動的ページ生成

等が挙げられますが、目的の多様化に伴いCMSの機能も複雑で多種多様なものとなっています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アンダーワークス株式会社の関連情報

アンダーワークス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR