「HOME’S賃貸」「HOME’S不動産売買」住宅・不動産情報業界初!メール問合せ数に応じた、成果報酬型の料金プランを開始

株式会社ネクスト 2008年09月02日

From PR TIMES

「HOME’S賃貸」「HOME’S不動産売買」
住宅・不動産情報業界初!
メール問合せ数に応じた、成果報酬型の料金プランを開始

~ 物件掲載料は0円! 従来型プランとの選択も可能 ~



日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME’S(ホームズ)」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、2008年9月9日より新たに賃貸情報サイト「HOME’S賃貸」、不動産売買情報サイト「HOME’S不動産売買」にて、従来の掲載物件数に応じた課金方式の他に、発生した問合せ数に応じた課金方式を新たに導入いたします。
問合せ数に応じた課金方式を追加することで、HOME’S会員である不動産会社は「問合せ課金」と「掲載課金」の2つの料金プランの中から物件に応じたプランを選択することが可能となります。

【新料金体系追加の背景】
従来、HOME'Sが採っていた掲載課金方式では、全国・全物件一律の料金体系でした。しかしながら、不動産会社の収入源である仲介手数料は物件の価格によって変動するものであることに加え、物件の価格も首都圏と地方圏では差異がある傾向にあります。また、首都圏においても新築マンションと駐車場では成約時に得られる手数料収入には大きな開きがあるように、物件による違いがあります。

こうした課題を解決するために開始するのが、今回の「物件価格連動型の問合せ課金」方式です。
本方式の導入によって、物件や地域ごとの格差を解消し、会員不動産会社に既存媒体では掲載することが難し
かった物件情報もHOME'Sに掲載しやすくなることで、より多くの賃貸・売買物件情報が流通することを目指します。

【問合せ課金プランについて】
■開始日 
2008年9月9日

■利用可能エリア
宮城県、茨城県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、
和歌山県、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県
※対応エリアは順次拡大予定です。

■会員不動産会社の利用料金
賃貸物件の場合 : 物件の賃料 × 5%   × メール問合せ数
売買物件の場合 : 物件の価格 × 0.05% × メール問合せ数
※投資物件につきましては、問合せ課金の対象外となります。

■対象 
全HOME’S会員
※一部現状の入力方式によってはご利用いただけない場合があります。

■従来プランとの比較

【従来プラン】
・基本料金    :賃貸物件20件、売買物件20件
・従来の掲載課金 :掲載数に応じた月額利用料
  
【新プラン】
・基本料金   :賃貸物件20件、売買物件20件
・従来の掲載課金:掲載数に応じた月額利用料
・問合せ課金  :物件掲載時は無料、問合せ発生時に課金


■HOME’S賃貸について
全国の居住用アパート・マンション・一戸建て・駐車場・事業用物件等の情報を提供する、国内最大級の賃貸物件専用サイト。路線・住所・地図・通勤時間のほかに学校名といった検索方法があり、就学・就職・結婚といったライフステージの変化にも対応。また、希望条件を“匿名” でリクエストできる業界初のサービス「探して!HOME’Sくん」など、賃貸独自の検索機能を提供しています。
URL:  (リンク »)


■HOME’S不動産売買について
全国のマンション・一戸建て・土地などの物件情報が検索可能な売買物件情報サイト。一般的なエリアや路線での検索のほかに、地図や通勤時間、マンション名からの検索などが可能。
リノベーションマンション特集など、物件の魅力をさまざまな切り口でみせる特集も掲載しています。
URL:  (リンク »)

-----------------------------------
〈本件に関するお問い合わせ先〉
株式会社ネクスト 管理本部 コーポレートコミュニケーション室
広報担当:塚田 加藤
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963
E-MAIL:press@next-group.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!